人妻体験談

月イチの出張で、定期的に人妻と不倫セックスしている私

移動や出張が多い仕事だと、空き時間に何か有意義なことをしたいと感じますよね。

スマホゲームもいいですが、出張先で女性と遊ぶのも楽しいですよ。

最近はスマホで気軽に出会いが探せるので、場所を問わず現地妻を作るなんてこともできます。

既婚者なら、家族にバレにくいのも利点。

今回は、出張先で女性と出会って「ご当地セックス」を楽しんでいる男性の体験談をご紹介します。

出張者と割り切って遊ぶ人妻は多いですよ

出張先で遊べる人妻探し

私は大阪の機器メーカーに勤務している、39歳のサラリーマンです。

職場では営業関係の中間管理職をしており、月に1度は福岡に出張。

最初は出張に慣れず嫌だったものの、今ではすっかり「福岡で夜遊びを楽しむ日」になっています。

とはいえ風俗やソープはお金もかかるし、毎回店を選ぶのも面倒です。

私はプロとのエッチよりも、心の通い合った素人女性とヤリたいんですよね。

そのため、最近は出会い系を使って遊べる女の子を探しています。

私がよく使うのは、大手出会い系の一つ「PCMAX」。

これまで数サイトを試しましたが、最も自分に合っている気がします。

今回も博多行きの新幹線に乗り込み、早速PCMAXにログイン。

博多までは2時間ちょっとかかるため、女性を探すのにはもってこいの時間です。

その日の宿泊先は、天神にある「ホテルユニゾ」というビジネスホテル。

近場で遊べそうな女性を中心に、10人くらいへとメッセージを送りました。

今晩、大阪からの出張で天神に泊まるため、ご飯+αな出会いはどうですか?

しばらく待つと、4人から返信がありました。

これは地元大阪でも、同じくらいの返信率ですね。

返信のあった4人の中で興味をひいたのが、私と同じ大阪出身の人妻。

絶対会えると直感し、この人妻1人に絞ってやり取りを続けました。

出張の移動時間を使って女性探し

出張先の人妻と不倫セックス

セックスし足りないエッチ妻

同郷なこともあり、彼女は私に親近感を抱いてくれたようです。

2通目以降のやり取りでは、福岡に移住した経緯などを話してくれました。

彼女は就職で大阪から福岡に引っ越し、社内結婚して今も博多に住んでいるようです。

一人娘がおり夫婦仲は悪くないものの、早婚なので遊び足りなかったのかも…とのこと。

旦那は鹿児島に単身赴任中とのことなので、ちょっと刺激が欲しくなったんでしょうね。

ママ友から出会い系を最近教えてもらい、最近試し始めたところだそうです。

つまり、どこにでもいる不倫予備軍の主婦。

そのうえ偶然にも、私と同い年の39歳です。

関西人のノリで会話も弾んで打ち解けたので、軽いノリで飲みに誘ってみます。

「今晩会わへん?」

急に話を進め過ぎて少し彼女が戸惑いを見せたので、うまい言い訳を言ってそそのかします。

「中学生の娘さんには、ママ友との女子会が急に入ったことにすれば?」

「そうやんね(笑)」

やっと好反応を見せてくれました。

そうこうしているうちに、新幹線は小倉に到着。

車内で残された時間は、あと15分ほどです。

天神の地下街で夜会う約束をして、やり取りは終了。

私はすぐに仕事の書類に目を通し、訪問先を巡る準備をなんとか終えることができました。

出張先の人妻をホテルに連れ込み…

予定していた仕事が問題なく終り、いよいよ夜遊びの時間です。

ホテルにチェックインした後、待ち合わせ場所の天神地下街インフォメーション広場へと向かいます。

5分ほど遅れて到着すると、すぐに彼女と思しき女性を発見。

目印に、わかりやすい恰好をするとは聞いていましたが…

地下街で帽子にサングラスは、ツッコミどころ満載。

彼女は人目を避けたいのでしょうが、むしろ目立っていたのは面白かったです。

「初めまして!ごめん、待ったんちゃう?」

「久しぶりの関西弁やぁん。こちらこそよろしく!」

軽く言葉をかけると、明るく答える彼女。

「サングラス、それ逆に目立つんやで(笑)」

彼女をからかいながら、チェックしておいた駅近くの飲み屋へと向かいます。

店に着くと警戒心がほぐれたのか、帽子を脱いでリラックスした表情になる彼女。

女優の吉田羊の髪を伸ばして、少し小柄にしたような見た目です。

吉田羊

吉田羊さん

性格はサッパリとしており、雰囲気も良い感じ。

世間話や身の上話など、お酒が入ったこともあって会話は盛り上がりました。

1時間ほどで打ち解けたので、セックスに持ち込むべく本題に入ります。

「なんで出会い系やってみたん?」

「え…そんなん、なんとなくやで」

少し照れくさそうに答える彼女。

「なんとなくって、人肌恋しい的な?」

「知りませ~ん」

私の意地悪な質問におどけて答えていますが、エッチする流れは彼女も既定路線のはず。

「うちのホテル寄ってく?」

あえて直球で誘ってみると、彼女はコクリとうなずきました。

出張先のホテルで人妻と不倫セックス

部屋へ入ってベッドに腰をおろし、他愛もない会話をしばらく交わします。

一瞬の沈黙があり、肩を抱き寄せて軽く頬にキスをすると、今度は向こうから唇にキス。

そのまま抱き合ってディープキスで舌を絡ませました。

「男の人、めっちゃ久しぶりかも…」

そう呟きながらも、グイグイと攻めてきます。

彼女の服を脱がせると、ワインレッドのエロい下着が現れました。

胸はDくらいで、年相応のスレンダーな体つきをしています。

キスをしながらパンティ越しに尻肉を掴むと、荒い息遣いでチンポをさすってくる彼女。

かなりセックスに飢えていたようですね…

人妻と不倫セックス

完全にエッチモード突入!

硬く隆起した乳首を口に含みつつ、片手でパンティの中を探索。

控えめな陰毛の中に小さいクリトリスを見つけ、重点的に攻めてみました。

「あぁっ、ダメっ」

震えるように感じる彼女。

ちなみに後から聞いた話では、それまで旦那とはセックスレスだったとのこと。

そのせいか、まるで全身が性感帯となったように、触れられるだけで相当感じていました。

立っていられず膝を落とした彼女ですが、目の前にあったのは半勃起状態のチンポ。

朝からシャワーを浴びていないので、さすがにしゃぶらないだろう…

そう思っていましたが、意外にもパクリと咥えてくれます。

タマを揉みながらサオを舐めるという私好みのフェラに、チンポもどんどんと硬さを増していきます。

「フェラめっちゃうまいやん」

ほめられてニヤッと微笑む彼女。

フェラを続けると暴発しそうだったので、彼女をベッドに寝かせてクンニで反撃します。

どうも彼女はシャワーを浴びて来ていたようで、抵抗なく舌で愛撫できました。

よっぽど酷い男性でなければ、最初からセックスするつもりだったのでしょうね。

出張のたびに会う人妻セフレに

クリを舐めつつ指でGスポットを刺激すると、激しく声を上げる人妻。

シーツに染みができるくらい愛液を垂らし、感じているようです。

彼女の喘ぎ声はどんどん大きくなり、ラブホにしておけば良かったと少し後悔しましたが…

声を抑えようとする彼女の姿に、興奮してしまいます。

しばらく手マンを楽しんで、いよいよゴムを付けて挿入。

「んはあぁっ!」

思わず声が出てしまう彼女。

もう「快楽を貪るメス」といった喘ぎ方です。

年齢の割にはスレンダーなので、座位や騎乗位でも挿入感は深め。

ピストン運動の音が外に聞こえないか気にはなりましたが、気持ち良くて腰の動きを止めることができません。

彼女の喘ぎ声とともに締め付けられ、私もギブアップ寸前です。

やっぱり久しぶりのセックスだと、締まりもいいのでしょう。

ほどなくして、正常位でフィニッシュを迎えました。

こんなに興奮したセックスは私も久しぶりで、コンドームの精子溜まりがはち切れんばかりの射精です。

セックスした後、ベッドで横になって話していると…

「わたし、初めての浮気でエッチする人がこんなんやったら、なんかハマりそうやわ~」

実際に体の相性が良くて、私も彼女とは離れたくないように感じています。

「月イチでこっち来るから、また会おうや」

「マジで?めっちゃ嬉しい」

私が答えながらキスすると、彼女が抱きついてきました。

それ以降、出張した時は必ず彼女と密会。

濃厚なセックスがしたいので、ラブホに行くようにしています。

まとめ

出張先で出会うメリットは、普通に出会いを探す時よりも成功しやすいこと。

なぜなら、人妻にとっても誘いに乗りやすく、後腐れのない「遊び」と割り切れるからです。

男性と同じく、夫や家族にもバレにくいですしね。

見知らぬ相手を探す方法は、出会い系以外だとなかなかありません。

もちろん普段は地元でも探せるので、出会いツールとしての自由度も高いです。

参加も簡単なので、まずは使ってみてくださいね。

「ひと時の恋愛を楽しみたい」という主婦は、結構多いのです!

不倫掲示板を使う

-人妻体験談