人妻体験談

人妻の悩みをLINEで聞き続けたら、セックスできた話

男に飢えた欲求不満なドスケベ人妻と、熱い一夜を楽しみたい。

そういった不純な願望から、人妻との出会いを探す男性も多いのではないでしょうか。

家庭の悩みを抱える人妻は、ストレス解消を理由に会えることも多いですしね。

私も先日、マザコンの旦那に悩む奥さんと知り合ってエッチしてきたばかり。

お互いにセックスを意識した出会いなので、話が早かったです。

出会い系でセックスに飢えている人妻を発見

人妻と知り合ったのは、ワクワクメールという出会い系です。

最初はLINE掲示板を使うつもりでしたが、会えそうな女性が全くおらず。

少しだけ使ったことのあるワクメで、女性達のプロフィールを眺めていると…

「年下の旦那がマザコンで困っています」

そんな謎のコメントを発見しました。

旦那がマザコンだったら、セックスに満足していないのでは?

上手く欲求不満を解消すれば、なんだかタダマンできそうな予感。

これはチャンスかもと思い、早速連絡しました。

すぐに返信が来て、軽い世間話をするものの、気になるのは旦那さんとの内容。

「旦那さんはマザコンなんですか?どのような感じですか?」

そう聞いてみると、旦那のマザコンぶりを教えてくれました。

どうやら彼女は30歳で子供はおらず、仕事と旦那の世話で忙しくしているのだとか。

「直接やり取り出来たら、もっと相談に乗れると思うけど…」

他にも色々と話したそうなので、LINEの交換を提案するとOKの返事。

彼女が言うには、かなりマザコンな旦那さんのようです。

  • 家が近くなのに、月に1度は必ず実家に帰っている
  • 姑と揉めても、自分の味方にはならない
  • お小遣いもたまに貰っている
  • 何かにつけて母親の料理と比較する
  • メールもよく交換している

他にも、母親と2人で旅行に行ったこともあるようで、友達に相談したこともあるそう。

「何よそれ~気持ち悪い!…もしかしてエッチな事とかしてたりして」

「エッチはないとしても、口や手で出してもらってるかもよ」

ありえない話と思いつつも完全に否定できず...
そう考えてしまう自分が嫌になると言ってました。

マザコンに悩む人妻とのLINE

セックスする時も旦那からあまり攻めようとせず、彼女から色々として欲しいみたいです。

「良かったら会ってから話そうか?メールだと返答するのが難しいよ」

「じゃあ、そうします」

さすがに彼女が気の毒に思えてきたので、会う約束を交わしました。

欲求不満な人妻とラブホへ

待ち合わせ場所は、市内の繁華街にあるスタバ前。

土曜の昼間なので、カップルや買い物客でごった返しています。

直接会った彼女は、身長が160ちょっとのスレンダー体型。

意外とキレイ系の顔立ちだったので、嬉しくなりました。

簡単な挨拶を交わし、店に入ってしばし雑談タイムです。

「ところで旦那さんは相変わらずですか?」

「そうなんですよ~ホントに嫌になっちゃいます」

「お義母さんはどう考えているのかな?」

「自分の息子が一番と思っている人だから…」

「それは始末に悪いね!」

「ホントですよ~怒った事が無いんじゃないのかな?」

そんな話を続けていると、彼女の愚痴は徐々にエスカレート。

旦那と姑の悪い所やセックスの事まで、あけっぴろげに語り出します。

「どんなセックスがしたいの?」

「前戯にたくさん時間を掛けて欲しいかな~」

「私で良ければ満足させてあげるけど…どう?」

「え~?今からですか?急ですね…」

「嫌ですか、私じゃ?」

「そんな事は無いけど…」

「無理はしなくてもいいけどね」

「分かりました...それじゃあお願いします」

予想通りセックスに満足してないし、不倫願望が募っていたようですね。

軽いキスだけでビショ濡れな人妻

ホテルの部屋に入り、まずは軽く彼女を抱きしめます。

「緊張しないでいいから」

お尻を触ると、服の上からでもハッキリと分かる肉の付き具合。

「イチャイチャするの好きだけど、どうかな?」

「はい…イチャイチャしたいです…」

まだ言葉は固いものの、ソファーでキスすると「ウフッ」と笑う彼女。

うつむいて、恥ずかしそうな顔をしています。

「何?恥ずかしいの?」

再びキスして服の上から愛撫すると、彼女の息がもう乱れ始めています。

悶える人妻

下着越しに股間へ指を這わすと、更に息遣いが荒くなる人妻。

ベッドに移動してワンピースを脱がせ、ブラを外すよう言います。

「おっぱい見せてくれる?」

恥ずかしそうにゆっくりとブラを外し、見えない様に両腕で挟む様にしています。

「ほら~そんな事をしたって無駄だからね」

腕をどけさせると、まだ張りのあるたわわな乳房。

「あっ…あ…」

両手で揉むと吐息を漏らし、乳首を摘まむと小さな声を上げました。

「あぁっ…ん!」

「乳首感じるみたいだね~」

そう聞くと、濡れた瞳で私を見ながらスケベな笑顔を見せます。

「じゃあ、ここはどうかな?」
「もう濡れているみたいだよ…」

隙間から手を滑り込ませて直接触れると、ヌルッと潤っているのがわかるほどです。

足を広げる人妻

「ほら、濡れてるよ!」

「だって…何かイヤらしいんだもん…」

「イヤらしいのは嫌?」

聞いても彼女は答えず、自分で下着を脱いで全裸になりました。

エロい人妻とタダマンできて満足

私も裸になって抱き合い、約束通りたっぷりと前戯に時間をかけます。

首筋から胸やお腹にキスをして、お尻や太腿にも手を伸ばして愛撫。

少し焦らしてクリに触れると、大きな声で身体をビクビクッと震わせています。

「ああっ!」

まだ未開発の身体ですが、反応が敏感で楽しくなってしまいますね。

結局はクリへの刺激で一度軽く果て、手マンでまた果ててしまいました。

こんな初々しい奥さんをほっとくなんて、馬鹿な旦那さんもいたもんです。

気が付くとシーツがびっしょり濡れていて、恥ずかしがる可愛い人妻。

人妻と正常位でセックス

ゴムをつけて挿入しましたが、子供を産んでいないマンコは優れものです。

肉ヒダの絡みがコンドーム越しでもわかり、何より出産経験者の様に中がスカスカしていません。

最初は正常位で突いて果てさせ、バックに体位を変えてからもイかせました。

イきそうになると中がキツくなり、2度目のバックでは私も昇天。

彼女はしばらく起き上がれませんでしたが、感想を聞くと満足そうな表情をしています。

「いつも、こんなセックスが出来れば嬉しいな~」

「旦那さんが駄目なら、また連絡しておいで」

「今日はありがとうございました」

ラブホを出て待ち合せ場所に戻り、その日は解散。

あえて次に会う約束はしませんでしたが、絶対にまた不倫セックスしたくなるはずです。

旦那さんのマザコンは、治らないと思いますからね。

そして案の定、半月ほど経つとLINEで人妻から連絡が来ました。

次に会った時は、またたっぷりと可愛がってやろうかと思います。

-人妻体験談