出会い系で淫乱主婦と知り合いました。

キッカケは出会い系サイト
キッカケは出会い系サイト
いつもの日常生活からは、なかなか出会いのチャンスもありませんよね。
ましてそれが不倫になれば周囲の女性に手をつけにくいもの。

そんな時、日常で接点のない相手を探せる「出会い系サイト」はとても便利です。

今回は出会い系サイトで不倫相手を見つけた体験談をご紹介します。


恵まれた職場ながらも関係が作れず…


私は、名古屋のとある食料品量販店に勤務してもうかれこれ10年ほどになるサラリーマン。
職場ではいわゆる中堅どころという立場で、広報やパートさんたちの取りまとめも任されている35歳の既婚者です。

まだ独身だった若い頃は女子高生からオバちゃんまで、毎日パートの女性と顔を合わせる職場だけあって、たびたびいろんな年代の女性をつまみ食いさせてもらうことも少なくなかったのですが、結婚してからはそれがなかなか困難に…。

実際、パートと主任が不倫などというような面倒な噂が立っても困るので、職場でセフレを作ることは極力避けることにしています。

そんな状況で始めることになったのが出会い系サイト。

特にここ最近は家庭内のセックスレスも相まって、サイトで知り合った何人かの主婦と普通の夫婦関係では経験できないような濃厚セックスを楽しんでいます。

やはり世の中にはヤりたがっている女性もいっぱいいるんですよね~。
肌の相性が良いあまりに、定期的なセフレ関係になった主婦も何人かいますが、そのうちの一人との体験談をご紹介しますね。

あ、でもまずそもそもなぜ主婦狙いかっていうところなんですが、どうも私は30代~40代の主婦とのエッチがいちばん盛り上がるみたいなんです。

あくまでも私に限ったことかもしれませんが、さっきも書いたように、いろんな年代の女性と付き合う機会があった私にとっては、その年代の女性がいちばんイヤらしく感じるんですよね(笑)。

10代~20代はカラダは綺麗ですが、エッチするには物足りないですし、50代までいきますとさすがによっぽどのワザあり女性じゃないと厳しいのが実状。

また、独身女性は何かとややこしい展開にもなりかねないのがネックです。

特にこちらが既婚者の場合、いろんなリスクがついて回るのは明らかですよね。
なので、結局主婦層がエロさの面でも安全性の面でも現実的かつ理想的なんです。

選んだのは大手出会い系のワクワクメール


というわけで、いつも私は大手出会い系サイト3つくらいを活用してヤリ頃主婦を探していますが、今回セフレ関係に至った主婦と出会ったのはワクワクメール。

参考:既婚者掲示板があるワクワクメールの登録方法

月1回程度実施されるサービスポイントキャンペーンを利用して、じっくりとプロフィールを検索して見つけた主婦でした。

ちなみに普段私がよくやるのは、掲示板検索をするのではなく、プロフィール検索をすることで女性のタイプを見極めるという手法。

どんな出会い系サイトでも、掲示板にキャッチーな書き込みをしている女の子はやはりプロやセミプロ、またサクラや業者だったりすることが少なくないんです。

もちろんすべてがそうだとは限りませんが、そのようなユーザーにコストを浪費しないためにも、プロフィールを見て優良素人主婦物件かどうかを判断するわけです。

私が出会ったその主婦もやはり掲示板には募集の書き込みはしておらず、プロフィール上で「30代も半ばにさしかかり、最近生活にうるおいが無いので…」とだけ書いてありました。

しかも、既婚・子あり・Dカップ・平日昼間、などという基本的な情報はしっかり書いてあり、自己評価欄ではセクシー度とやさしさの欄が★3つ、その他のかわいさやかしこさ、おしゃれ度などは★2つという慎ましい自己評価ぶり。

こういう女性こそが、内心相当ムラついているのに穏便にコトを進めたいと考えている女性なんですよね。

エロ主婦センサーが反応してしまった私は、早速メッセージを送ってみました。
こういう女性は慎重さも兼ね備えていますので、最初はやはり外堀から攻めていく作戦。

1通目のメッセージは「いい出会いありましたか~…」というような無難な声掛けと自己紹介でコンタクトをとり、次のターンで「今度、ゆっくり羽伸ばしに行きません?」と癒しに焦点を当てたコメントで彼女に安心感を与えていきました。

そして最後に、「じゃ出会ってみてお互いの印象が良ければ、スキンシップもアリな感じで会ってみましょうか?」と即ヤリへの可能性を刷り込んで準備OK。

彼女自身エッチしたくて登録しているわけですから、安心感を与えて罪悪感を軽減させ、ドキドキ感を高揚させさえすればおのずとその方向にコトが進むというわけです。

あっさりと翌日に千種のイオンタウンで待ち合わせることが決まりました。

ヤる気マンマンで待ち合わせ場所へ


翌日は平日でしたが、私はシフトの関係で休日。
彼女にとっても平日ということでちょうど良かったようです。

前日のやり取りでお互い好印象だったので、待ち合わせ時間も早めの9時。

名古屋市内在住の彼女にとってはまだマシだったかもしれないですが、私は名古屋郊外に住んでいるので、普段の出勤日と変わらない時間に出発しなければなりません。

早朝から股間を熱くしてハンドルを握る自分に、ちょっとウケてしまいました。

待ち合わせ場所のイオンのスタバに着くとまだ客もまばらな状態。
そりゃそうですよね、平日の朝からイオンのスタバに行く人といえば散歩帰りのマダムぐらいなもの。

店の外が見える席に座り、コーヒーを片手に携帯をいじりながら待っていると、しばらくして一人の女性が店に近づいてきました。

お互いに待ち合わせの目印を事前に設定していたのですぐ気が付きます。

ヤる気マンマンです
ヤる気マンマンです
彼女はブラウンのプリーツスカートに肩ほどの長さのレイヤーカット。

芸能人で特に誰かに似ているという訳ではないですが、強いて言えば昔のYOUでしょうか(もちろん話し方などはいたって普通ですが…)。

彼女に無理にコーヒーを飲ませることもないだろうと思い、私は手振りで彼女に店外で待つように伝え、急いで店を出て近づいていきました。

最初は「おはよ~」「初めまして」と、どちらからともなく交わす挨拶がなんだか初々しかったのを覚えています。

とりあえずベンチに座って、「朝早いの大丈夫だった?」みたいな会話をしつつ、「今日どうしよっか」などと白々しく探りを入れてみると、「なんでもいいよ」と微笑み返してくる彼女。

もうその時点で私には、「なんでもいいよ」=「ヤッてもいいよ」にしか聞こえませんでした。
もはや彼女は子持ちの母の顔ではなく、盛りのついたメスの顔…。

早速2人は立体駐車場にとめた私の車に乗り込み、ホテルに向かうこととなりましたが、最寄りのホテルまでは車でほんの2~3分といったところ。

あまりに近すぎてあっけない感じがしたので、車を発進させず少し車内で話してみることにしました。

彼女の淫乱さが徐々にわかってきて…


彼女の年齢を聞くと34歳とのことでほぼ同世代。

助手席という至近距離であらためて見てみると、確かに年相応の肌の落ち着きはありましたが、それが逆に色気にも感じられてむしろプラス要素と言えます。

カットソーに包まれた上半身も女性らしいフォルムで、胸のふくらみは結構なボリューム感を演出していました。
ま、端的に言ってエロい体つきだったんです。

そんな彼女を目の前にしていると、私の中にイタズラ心が湧き上がり、ちょっと車内でイチャついてみようという気になってきました。

「最近うるおいがない、って書いてたけど実際どうなの?」などと言いながら助手席の彼女の腕をツーッと指でなぞってみると、少し体をピクンとさせてこちらの目を見つめてきます。

私の思い込みかもしれませんが、もう既に若干瞳が潤んでいるようにも見えました。

指をそのまま彼女の太腿へ滑らせていき、プリーツスカート越しに内腿ギリギリのラインを行ったり来たりさせると、かすかに「あッ」と吐息を漏らす彼女。

私もスイッチが入ってしまって、次第に内腿の奥地に手を進めていくようになってしまいました。

次第に吐息を荒げつつ、心なしか徐々に足を開けていく彼女に淫乱主婦の本性を感じ取ってしまい、思わず強引に唇を重ねてしまいました。

朝の閑散とした駐車場でしたので、車内でひとハメもアリだったのかもしれませんが、早く彼女の全貌を明らかにしたかったので、一旦中断して近くのホテルに向かいました。

道中も運転しながら左手では彼女の股間をまさぐる私。
指がパンティに達した頃には、すでにじんわりと湿り気を帯びている様子です。

割れ目に沿って指を押し付けると、腰を少し浮かせて密着感を求めてくるほどに彼女の気持ちは高ぶっているようでした。

ホテルの駐車場についてから再びキスすると、私に抱きついてくる彼女。
頬を紅潮させた様子が相当な本気度を感じさせます。

「部屋でたっぷりとしてやるから…」と彼女を制止して足早に部屋に向かうことにしました。

もう彼女は完全にエロスイッチオンでした


部屋に入ると、もうすっかり2人は臨戦態勢。

そりゃそうですよね、パンティの中はもちろん大洪水ですし、私もボクサーブリーフの上から先っちょがハミ出んばかりの状態に。

お互い朝イチということもあって体の汚れもあまり気にならず、即プレイが始まってしまいました。

ディープキスで舌を絡めながら、手をパンティの中に潜り込ませ、親指でクリを刺激しながら中指を突っ込んでみると、もうトロットロ状態。

自ら片足を上げ、股間を丸出しにして手マンで喘ぎまくる彼女は、まるで久々に水を得た魚のよう。

私にしがみつきながら体を痙攣させて何度かイっていたようですが、しっかりと竿とタマを触り続けるところはなかなかの淫乱ぶりです。

軽く潮を噴いたはずみで膝を崩したのをきっかけに、彼女の口にチ●ポをあてがうと、待ちわびていたかのように熱心にフェラを開始する有様。

途中、唾液や我慢汁にまみれた肉棒を顔面中になすりつけてやると、顔をヌラヌラにして悦びの表情を浮かべていました。

お互いに興奮とまらず
お互いに興奮とまらず
そして、彼女の下半身だけを裸にしてベッドでいよいよ挿入。
まずは正常位の体勢でブチ込みながら、少しずつ上半身を脱がしていく過程を楽しんでみました。

ブラジャーから片方の胸をこぼれ出させた状態で乳首を刺激すると、一段と激しく喘ぎだす彼女。

勃起した乳首を舌で転がしつつ、密着ピストンで何度かイかせた後は、Dカップのバスト全部を露出させて揉みしだきながら突きまくりました。

ヌチャヌチャといやらしい音をたてて出入りするカッチカチのチ●ポ。
久々の男根の感触に、彼女は首元を紅潮させて快楽を貪っていました。

その後、松葉崩しやバックなどいろんな角度からオマ●コに突き刺しましたが、最終的には正常位でフィニッシュ。

汗だか体液だか何だかわかりませんが、汁まみれになりながらベロチュー状態でのゴム中出しに大満足の第1回戦が終了。

その後「やばいかも、出会っちゃったよね…」などと、相性の良さに驚きながらもしばらくベッドでイチャついていると、おもむろに彼女はチ●ポをくわえだしました。

そこから長い第2回戦が始まり、ベッドサイドに置いてあった電マも活用しながら、2人ともクタクタになるまでヤリまくりました。

正直、私もこんなに相性がいい女性と出会ったことはありませんでしたので、絶対離したくないって思ってしまったほど。

彼女もそう感じたようで、また定期的に会おうと互いに心に決めました。
結局その日はラブホのランチを食べて、軽くもう1戦交えてから帰りました。

まぁその、3発できた、ってこと自体も自分にとっては驚きだったんですが、やはりそれだけ肌が合うんだろうなぁと妙に納得してしまいました。

以来、彼女とは月2~3回のペースで会っています。

肌も性格も自分との相性がいいエロ主婦に、ちょっと本気になりかけている自分もいることは確かですが、まあいけるとこまで楽しんでみようと思っています。

いつも待ち合わせの時間が早いので、「昼顔」ならぬ「朝顔」といった感じですが…(笑)。

出会い系で知り合った淫乱主婦と朝から濃厚セックス あとづけ

年齢的にセックスにマンネリを感じていながらも、新しい出会いには興奮してしまいますよね。
特に既婚者にとっては新鮮に感じるのではないでしょうか。

不倫相手や人妻を探すのなら、出会い系からが1番早くてメリットも多いですよ!

不倫掲示板で主婦との出会いを探す