不倫掲示板でパートナーを探しませんか?

秘密厳守で浮気相手を探しませんか。
不倫パートナー掲示板は東京の浮気相手を一括検索出来る掲示板です。

不倫の恋愛探し、求め合う肉体関係など。
既婚者さん同士の出会いから、既婚者と単身さんの出会いまで。
不倫相手との秘密の恋愛を楽しみましょう。

18歳未満のご参加は出来ません。

6月28日更新 女性の不倫投稿
マリアさん(41歳)
東京都/国立市
日高さん(26歳)
東京都/中野区
隣のおばちゃんですさん(60以上)
東京都/昭島市
ゆかちんさん(29歳)
東京都/荒川区
岸田瞳さん(34歳)
東京都/目黒区
くみさん(47歳)
東京都/福生市
ゆっきーな♪さん(26歳)
東京都/三鷹市
なつみさん(36歳)
東京都/日野市
カニさん(38歳)
東京都/武蔵野市
女王さん(28歳)
東京都/杉並区
白石かなえさん(37歳)
東京都/墨田区
JR八王子駅でさん(38歳)
東京都/八王子市
愛衣さん(26歳)
東京都/新宿区
めぐみさん(36歳)
東京都/小金井市
京(みやこ)さん(33歳)
東京都/狛江市
マヒカマノさん(32歳)
東京都/武蔵野市
女ジロリアンさん(27歳)
東京都/目黒区
柴又街道♪さん(34歳)
東京都/江戸川区
真紀さん(29歳)
東京都/荒川区

不倫掲示板 人気ランキング

不倫掲示板は色々ありますが、その中でも人気が高いアダルト掲示板をご紹介。
秘密厳守が絶対の不倫ですから、サイト選びは慎重にしたいもの。

どのサイトも無料ポイントがある掲示板なので、一度使ってみて使いやすければ継続的に使うのがいいかと思います。
のめり込みすぎない適度な浮気は、ストレス発散になるので家庭円満の秘訣です。

Jメール

Jメール

人妻専用掲示板があるのが最大の特徴で、主婦が集まりやすいサイトだと思います。
人妻限定なので主婦層に口コミで広がったりするんですよね。

既婚男性からすると不倫は秘密厳守が絶対ですから、相手も既婚者だと落ち着いて浮気を楽しむ事が出来ます。

会員数自体は下のPCMAXより少ないのですが、ポイントなどが当たるくじ引きが毎日1回出来るので、お得に会いやすいです。

PCMAX

PCMAX

女性獲得に年間10億円以上の広告費を投下している巨大出会い掲示板です。
少しエッチな女性誌やサイトによく掲載している事もあって、大人の関係希望の人が多いですね。

不倫専用という訳ではないのですが、会員数が多いのと既婚者限定掲示板があるので人妻と会うのは難しくありませんよ。

体験談 - 東京

やっぱり人妻さんは魅力的

30代男性
人妻掲示板で人妻さんと知り合い、メル友になって1ヶ月でお互い意気投合して会ってもらえる事になりました。
年齢は自分より少し上のアラフォーで、目が大きく小柄でかわいい美人さんでした。

年齢のせいか若干目じりにシワがありましたが、目鼻立ちが綺麗なのであまり年齢の事は気になりませんでした。
やはり人妻さんというのは他人のモノ、決して男女の関係にはなってはいけない女性というので、えらく魅力的に見えるものでした(人間は禁じられると燃えるものなので(笑))。

夜にアルタ前で待ち合わせた後、座敷のあるすきやき屋へ行きました。
そこで何故か私の恋愛事情の話となり、とりあえず振られた女の子についての愚痴を聞いてもらう事にしました。

向かい合わせで話していたのですが、急に私の横に来て体を密着させ「そんな娘、やめちゃえっ!」と笑顔で言ってきたので、たまらずに店の中にもかかわらずキスしてしまいました。
それからすぐに店を出てたら、彼女はすぐに腕を組んできました。
そして周囲に人がいないのを見計らい歩きながらキスしまくりました。

そのまま歩きながら新宿中央公園に向かい、新宿中央公園の人気の無い所に座り、長時間キスをしました。
ここまできておきながら私は性欲より自制心の方が強いので、既婚者と最後までいったらやっぱりまずいと思い「やっぱり、やめようっ!」と言ったのですが、彼女の方からアゴをもたれキスされてしまいました。

キスをしながら足を大股開きにさせ、耳元で私が「抱かれたいの?」と聞くと「私の事、抱きたいっ?」と聞き返してくる(どうしても男に言わせたいらしい)ので軽くうなずいて2人でホテルに入りました。
それから関係を続け、会うのは月に1度か2度ほどですが、カップル同然になっています。

人妻さんと関係をもつのは妙に気分が高揚するもので、セックスのたびに興奮しています。

大当たりがあるから出会い系は止められませんね(笑)

40代男性
結構出会い系で遊ぶのは好きで長年使ってはきましたが、まさかこんな大当たりに出会えるとは思いもしませんでした。

その日も当日遊べる女の子を探して、掲示板を検索していました。

「今暇です。遊びませんか?」

とある女の子の書き込みに目星を付けて「近くに居ますよ、良かったらご一緒しませんか?」とメール。

しばらくすると「友達も一緒なんですが、2人でもいいですか?」

普段なら2人組って怖いんですよ。
美人局の可能性もあるし、大事なものをスられたら一巻の終わりですし。

でもこの時はなぜか「いいですよ。どこで待ち合わせますか?」と返信してしまったのでした。

待ち合わせ場所に現れたのは、和風な顔立ちとハーフっぽい顔立ちの2人の美女。
この時は「やったー!」という気持ちよりも、「えー、嘘だろう?」という気持ちのほうが大きかったですけどね。

近くのコーヒーショップで話を聞くと、2人ともバイトが休みで買い物に出てきたと。
そこでふと、誰かと遊びたくなり掲示板に書き込んでみたとの事。

少し趣味の話などで盛り上がり「この後・・・2人ですけど、お相手して頂けませんか?」とのお誘い。

夢にも上る気分を抑えながらホテルに向かい、人生初の3P体験。

ハーフちゃんの大きいお胸を吸いながら、和風ちゃんの腰使いを楽しむ。
夢のひと時を過ごしました。

その後、ハーフちゃんに気に入られ連絡先を交換。
コスプレで楽しんだり、エッチな下着を着けさせたり、外で楽しんだり・・・楽しい時間を過ごしました。

後で聞いたところによると、彼女は某雑誌のモデルに所属していたことがあると。
(名前で検索掛けてびっくりしました)

今は自分の夢の為に修行中。
毎日が大変なので一緒に居ると落ち着ける・・・なんて言われたら舞い上がっちゃいますよね(笑)

しばらく楽しいひと時を過ごしましたが、お互いスケジュールが合わなくなり、自然消滅。
残念ですがこれも出会い系の宿命。

こんな大当たりな女の子がいるから、出会い系は止められませんね(笑)

目の前でさよなら終電からの予想外のラブホ

20代男性
待ち合わせは新宿駅西口に22時。
お互い仕事をしている身でしたので時間はちょっと遅め。
金曜日ということでお互い幸いに次の日は休日でした。

待ち合わせ当日、その日は私の体調が優れず少ししんどい状態でしたが、あるかもしれない夜の楽しみを思い浮かべながらモチベーションをあげていました。

合流した後は大戸屋で食事をして、自分の家に誘いました。
既に前日にサイトで了承を得ていたので、スムーズにいきました。

ただ、時間が24時近くなっており埼京線を利用しなければならなかったのですが、まさかの目の前で終電を逃すという失態をしました。

必然的にホテルの流れになり、西新宿駅方面にホテルがあったのを思い出し向かいました。

一つ目は満員で、二つ目の西新宿駅前のホテルへ入りました。
ホテルに着くなり、シャワーを浴びず襲い掛かったのを覚えています。

相手の方は細身の人妻で服も好みでしたので、私は興奮度がマックスで下の針は振り切っていましたね。

一回そのまま襲い、二発目はシャワーを浴びて襲いました。
相手の方がドМでしたので本当に興奮しました。笑

翌朝ホテルを出るときに料金を見てびっくりしたのを覚えています。
入るときは興奮してあまり気にしていなかったのですが、意外と料金が高かったのです。

しかしそれを差し引いても非常に楽しい一日を過ごせましたので満足度の方が高かったです。
ごちそう様でした。

渋谷の職場のいけてるあの娘と・・・

30代男性
職場で出会ったN。
最初は仕事でのかかわりでしかなかったが、俺はその時から可愛い娘だと思っていた。
しかし俺には妻子がいたので、妄想で嬲ることしかできなかった。

仕事のプロジェクトがひと段落した後、チームで打ち上げに行こうという話になった。
その時、酔ったNがやたらと俺に絡んでくるものだから、思い切って今度二人で飲もうと誘ってみるとすんなりOK。
周りの噂では、Nは俺のことをかなり気に入ってるという話だった。

それを耳にした俺は、ふたりで飲む当日は少しめかしこんでいき、個室の部屋を予約した。
Nにはどんどん飲ませて酔わせる。
同時に俺から多めにボディタッチを繰り返した。

するとNがふらっとなり俺に寄りかかってきた。
それを優しく支えるとトロンとした目で見つめられ向こうからキスをしてきた。

しかし既に朝方になっていたということと、Nが興奮しすぎて気持ちが悪くなるというアクシデントに見舞わられ、その日はあえなく解散。

後日、再び金曜仕事終わりにふたりで飲んだ。
その日、Nはかなりのミニスカート(マイクロミニというらしい)をはいていた。
お互い、もうそうなることは承知の上で会っている感じだった。

Nの自宅の近くで飲み、12時を回った頃、Nの家に移動。
部屋に入るとすぐ濃厚なキスを交わし、熱く交わった。
が、不思議なことに一度やってしまうと、Nへの興味が急になくなってしまった。

よくよく見ると化粧濃いな、とか化粧落とすと顔地味だな、とか胸が小さいな、とか思い始め、その日の朝方6時頃にそそくさとNの家を後にした。

この話は墓場までもっていこうと心に決め、家族のもとへ帰ったのだ。

アパレル勤務美人痴女との情事

30代男性
みゆき(仮名)とは週1くらいのペースで会っていた。
たいがい渋谷の居酒屋で待ち合わせして、朝まで一緒にいるパターンだ。
もともと忙しい仕事なので、泊まりが増えても妻は怪しむこともなく、予定が決まれば、シャツや下着の替えなどを堂々と持っていけたので楽だった。

みゆきは28歳のアパレル店員だ。
水原希○似で綺麗な顔立ち。
スラっとした身体をしている。
居酒屋では大概、彼女の仕事の愚痴を聞かされる。
これはたいして楽しくはないが、ふんふんを聞いていると、徐々に酔いが回りエロモードにはいっていく。

彼女いわく、酔うとたまらなくエッチな気分になってしまう、というのだ。
酔うたびに我慢できなくなるらしいのだが、さすがにその都度、周囲の異性とやってしまっていては角がたつため、私のような所謂セックスフレンドに全てをぶちまけているのだろう。
むこうにとって都合がよく、また私にとっても、こんな美人と楽しめるわけで、WIN-WINの関係といえる。

エロモードに到達すると、そのままホテルへ直行するのだが、部屋に入るや否や、彼女は私に襲い掛かってくる。
逆レイプである。
手足を縛られ自由を奪われると、そのボテっとした唇で身体中を舐めまわされる。

それに悶える私を見て彼女は更に興奮し、ヒートアップしていくのである。
こんなに美人なのに、こんなに変態だなんて…。
人はわからないものである。
翌朝は後腐れなく、先に起きた方からホテルを出て行く。
この関係をできるだけ続けていきたいと思っている。

オタクの聖地秋葉原での上物!

30代男性
オタクの女性と出会いに秋葉原に向かいました。
私を待っていたのはコスプレファッションの女の子です。
見た目にはオタクな要素はありません。
原宿にいそうな感じ・・・

でも、実際に話してみると、話の内容はほぼアニメの話ばかり・・・
私には正直ついていけませんでしたが、好きなアニメを事前に聞いていたので、私は実際に会う前にそのアニメを勉強していました。
そのおかげで何とか彼女と普通に会話ができるように。

そして、彼女をどうやってホテルへと誘ってみようか考えていた頃、彼女の口から予想外の発言が飛び散ったのです。
「今回はセックスを目的にしていらっしゃるんですよね?」
私はストレートな発言によってすごく興奮度が高まり、思わず、「そんな展開があったらあったで嬉しいね」と言いました。

すると、彼女は顔を赤らめながら「優しくしてくださいね」と言うのです。
彼女は、今までに一度もセックスの経験がないらしく、私は処女の彼女とエッチをすることがすごく貴重に感じてしまいました。
初めての相手が私でいいのだろうか・・・と思う一方で始めてを奪うことができることにすごく興奮を覚えました。

コスプレファッションを脱ぎ捨てると、なかなかの体つきをしています。
おっぱいは少し小ぶりでしたが、すごくハリがあって形のいいおっぱいをしています。
最初は痛がっていましたが、だんだん気持ちよくなったのか、あえぎ声もすごくエロくなっていきました。

お互いに意気投合して

20代女性
お相手は、既婚者で子どもが2人いるサラリーマンでした。
わたしは、当時お付き合いをしていた彼とうまくいっていなかったため別れたくても別れられない状態でしたのでストレスが溜まっていました。
そこで知り合ってから連絡をお互い取り合っていくうちに、新鮮で楽しい気持ちになっていました。

それに彼氏以外の男性と交流を持つことに対して嬉しさもありました。
実際お互いの家も同じ区内でしたので会う時間まではそこまで時間はかからなかったと思います。
初めは金曜日仕事終わりに待ち合わせをして、食事の約束をしました。
実際あった雰囲気は多少想像とは違いましたが、穏やかで優しそうな雰囲気でしたので安心した覚えがあります。

実際話してみると、奥さんと子供がいるとのことで一見なぜ幸せそうなのに私と連絡をとりあおうと思ったのかとお思いましたが、だんだんと奥さんの現状うまくいっていないような感じの話をしてくれました。
私も彼氏とうまくいったいなかったので同じ境遇のように感じたのか、実際大人の関係になるまでそこまで時間はかかりませんでした。
実際体験して感じたのは、ふつうの感覚では既婚者の男性と不倫という関係になるのは道理に反することだと思いますが、いけないことを共有しているという気持ちが新鮮で彼と会うことが楽しくなっていきました。

彼の奥さんにはばれないようにメールや着信履歴はお互いすぐ消すようにしていました。
彼とは1年ほど続きましたがいい体験ができました。

第二の生活のようだった不倫

30代女性
私は、主人がいるのに何人かの人と体の関係を持ちました。
今は持っていませんが、一度主人以外に自分を愛してくれる人がいるということがわかると、なかなかその関係をやめられません。
不倫というのは恐ろしいもので、外で不倫をしてきて、もし彼と喧嘩したり嫌なことがあったとしても、家では何事もなかったかのように、普通の顔をして生活をしなければなりません。

私の二人目の不倫の相手は7つ上の人でした。
知り合ってからは、アドレスを交換して、毎日たわいもないことをメールするような日々でした。
でも連絡をとっていくうちに、段々と彼に魅かれていく私がいたんです。
そんな中での会社の飲み会のあとの出来事でした。
飲み会が終わったのも、深夜1時くらいでその次の日も仕事という平日の飲み会でした。

でも、そんなことは構わず、家庭のある私はめったに外をでることなんてできません。
チャンスだと思いました。
でもまさかそこで彼と結ばれるとは思いませんでした。
というか、そんなこと期待もしていなかったけれど、酔っ払った勢いで彼と会い、ホテルにいって、彼に抱かれました。
それから、その彼とは付き合うことになり、仕事の日に、一緒に有給をとってデートにでかけたり、イルミネーションにいったり、平日の真昼間からホテルにいって二人でまったりとした時間を過ごしました。
とっても癒しの貴重な時間でした。

日々の嫌なことを忘れてしまうくらい、彼の腕の中で癒されました。
平日にフリータイムでいったホテルは、とっても長い時間滞在できたので、何回も何回も彼に抱かれました。
普通のセックスに飽きてきた私たちは、刺激を求めて、販売機で売っていたバイブを購入して、刺激のあるセックスもしました。
彼は年上だったせいか、いつもセックスが終わると、完全燃焼していて、ハァハァ息をきらしていました。

それでも何度も何度も私を抱いてくれました。
一緒にお風呂に入ったり、洗いっこをしたり、裸を見られるのが恥ずかしかったけれど、そんな恥ずかしがっている私をみて、また興奮した彼が私を抱きました。
有給をとっても一日がとても短く感じるほど幸せな時間でした。

既婚者との身体だけの関係

20代女性
身体だけの関係の異性はいましたが、その人が付き合うと言ってくれなくて、寂しくて他の人を求めるようになりました
でも、当時の私はその彼のことが好きだったので、真剣に付き合う相手というよりは、寂しさを紛らわせてくれる人を探していたのです

だから、結婚や交際を求めてこない既婚者というのは好都合でした
出会った既婚者の方は、浮気などはしない真面目そうな人という第一印象だったので、意外でした
それと同時に、男性というのは真面目そうに見えても裏で何をやっているかなど分からないものだとも思いました
奥さんとは上手くいっていない訳ではないそうで、それでも浮気に走るというのは、私には理解できませんでした

奥さんの立場なら、耐えられないでしょう
でも、私にはそんな事情は関係ないので、彼との身体だけの関係を楽しみました
既婚者だと思うと、燃えるという気持ちは何となく分かりました

既婚者と会った体験談

20代女性
私は、3ヶ月程前に知り合った30代の既婚者男性と連絡先を交換し、毎日といっていいほど連絡を取り合うな仲になっていきました
私は彼の事を好きになっていて、向こうも私の事が好きなのがメールの内容から伝わってきていたんですが、相手は結婚しているのにこんな感情になっていいものか、彼との接し方に凄く悩みました

でも、彼が会いたいと連絡してきた時、私は断るどころか嬉しい気持ちになってしまい、彼と会うことにしました
生で見た彼は、とてもカッコよく、優しい雰囲気で、私はさらに彼の事が好きになってしまいました

夜に会ったので、お洒落なイタリアンレストランで食事をした後に、夜景の綺麗な場所に彼の車で行きました
いけないことをしているのは分かっているのですが、自分の好きという感情を無視することができず、私は彼に好きです、と言いました
すると彼も私の事を好きと言ってくれ、私達の秘密の恋が始まり、今も続いています。

更新情報

2016/9/25
不倫体験談まとめ パート3 を追加しました。